独学で学べる行政書士|取っておきたい資格ガイド

勉強の仕方がわかりやすい

男女

ビジネス関係の資格は非常にたくさんあります。どんな仕事をしている人でも、それらは少なからず役に立てることが出来ます。知っていて損はありません。多くの場合試験などが実施されていて、勉強方法が確立されています。

テキストはその年度のもの

文房具

テキスト選びに気を付ける

資格を取得するとき、いろいろな方法から選択ができます。最も合格の可能性が高くなるのが専門学校に通う方法でしょう。そして通信教育があります。学校や通信教育はお金がかかります。できるだけお金をかけないなら独学で行う方法があります。行政書士は法律資格として知られ、司法試験や司法書士などと同じように法律の仕事を行うことが出来ます。ただ、司法試験などとは難易度は異なります。ものすごく難しいわけではありません。ですから、行政書士を独学で合格することも可能です。そのためにはテキスト選びに気を付ける必要があります。自分で行うときに、頼りになるのはテキストのみと言っても過言ではありません。問題集もテキストに準じたものを使いましょう。

最新情報を元に勉強

資格の勉強をするとき、独学であればテキストや問題集を購入します。書店で購入できる場合もあれば、最近はネットオークションで誰かが利用したものを購入できる場合もあります。市販されているものの他、専門学校の講座で使われていたものが出品されることもあります。行政書士の取得は簡単ではありませんが難関でおありません。何とか独学でも合格することが出来るでしょう。ただし、情報は最新にしておく必要があります。行政書士試験に関する法改正があれば、改正された法律の下で出題されます。以前の知識で答えると間違いになるかもしれません。独学で行うとき、できるだけ安くしたいために古本のテキストを使うこともありますが、できれば最新のものを使う方がいいでしょう。

メリットを考えよう

子どもと女性

保育士になるために大学に通いたいのであれば、何を伸ばしたいのか、何を勉強したいのかによって変わってきますので注意が必要です。また、4年制なのか短大なのか、専門学校なのかによってもメリットは変わってきます。

経営効果を最大化できる

レディ

マネジメントの資格と言う時、このマネジメントには資源・資産・リスクという意味合いが含まれます。資源・資産・リスクを管理する力は企業が求めるものであり、就職や転職に有利に働きます。資格を取得すればどの職場でも必要とされる人材になれると人気です。